EDの治療

EDの検査

ED人口は日本だけで1000万人を超えると言われるのに、そのほんの数%程度しか病院に行っていないというのが現状といわれています。EDは治療により解決することが多い病気ですから悩む前に病院で検査を受けてみるようにしましょう。
EDはまず原因を突き止めることが大切です。問診や血液検査などの基本的検査で大部分は分かるといいます。

EDの治療

EDの治療はやはり原因に応じてということになります。カウンセリングに加えて、バイアグラやレビトラのような経口薬は心因性の場合にも効果が出ることが あり、第一選択肢といえそうです。経口薬で効果の無い場合には、もう少し詳しい検査や他の治療を選択する事になるでしょう。以下のような治療法が存在して いますので、専門の医師に相談してみましょう。

 

ICI療法

勃起誘発剤を陰茎海面体内に注入する治療法です。有効率と満足度の非常に高い治療法として広く世界で行われています。ED治療としては副作用の最も少ない 方法である効かない、または使うことが出来ない患者も行うことが出来ます。射精後も勃起が維持するので早漏の治療にも効果を発揮するとされています。

 

陰圧式勃起補助具(バキューム・デバイス)

陰茎にプラスチックの筒をかぶせ筒の中を陰圧にして勃起させる方法で、有効率、安全性共に非常に高いといわれています。また、陰茎が曲がっている人以外 は、神経・血管・ホルモン、いずれの器質性EDにも有効であり、機能性EDにもよく効く。ただしバキューム・デバイスにも問題点はある。

? 血液をペニスに無理やり吸い込ませてから根元を締め付けて遮断するため、30分以上使用できない。かつ多少の痛みがある。
? 装着に多少時間がかかるため、「ムード」が壊れがち。
ただし一度これらの困難に慣れてしまえば、ずっと使うことが出来るためかなり有効であるといわれます。