EDと更年期障害

更年期と更年期障害

40代後半から60代にかけてのホルモンバランスの変化とそれに伴う身体機能の低下や変化を更年期と言います。女性では閉経を伴うので分かりやすく急激な変化だと言われますが、男性にも同じように更年期があり、更年期障害の症状も現れます。

 

更年期障害の原因は性ホルモンの分泌低下にあると考えられます。更年期障害の主な症状としては
体力、持久力の低下
体型の変化(脂肪が付きやすくなる)
イライラ、怒りっぽい
意欲の低下、面倒くさい、億劫、うつ症状
眠れないことが多い
と言ったものが挙げられます。

更年期とED

男性の場合、女性よりも更年期の個人差が大きく、さらに気付きにくいという面があるようです。年齢も早い人では30代から、遅い人では60代後半以降とい うことで、70代になっても生殖能力があまり低下しない人もいるようです。男性ホルモンの低下がやはり同様に個人差が大きいようです。

このような更年期に伴ってEDは進行します。これは老化現象ですからそれで良いと思う人はそれで良いと思いますが、人によっては何とかしたいと思うでしょ う。年齢とともに進行するEDへの対処法としてはやはりバイアグラなどの薬を使用するか、ホルモン補充療法などを行なうということになります。